酒とアート、飲むと観るでノミルです

レシピ-009 長芋の揚げ焼き

IMG_3889

長芋の揚げ焼きです。唐揚げにしようかと思ったけれど、ちょっと油が足りなくて、じゃあ揚げ焼きに。ほとんど一緒です。芋を揚げて食べるもののパターンの中では、一番好きです。長芋。絶対ジャガイモより、美味しいと思うんですよ。ホクホク感と、シャクシャクした食感と、少しねっとりしっとりした感じもあって。長芋は安いっていうのもあるので、ぜひ試してほしいです。

材料

長芋    20cmくらい
サラダ油  大さじ3くらい(多めに)

IMG_3761

作り方

<1>長芋を切る
洗った長芋は拭いて、ピーラーで皮をむきます。皮も食べるので、厚めでも問題ないです。
剥いた長芋は、薄めに1.5cmくらいの幅で、斜めに切ります。もこみち的に言うと、薄めの乱切りです。
普通の唐揚げなら、普通に乱切りするのですが、今回は油少なめで焼く感じにするので、火が通りやすきように薄めにします。でも薄すぎるとホクホク感がなくなっちゃうので、1.5cmくらいほしいです。
皮は5cm程度に切っておきます。

<2>皮を揚げる
IMG_3862
IMG_3865

先に皮を揚げます。熱した油に皮を入れて、じっくり中火で茶色くなるまで待ちます。
皮の水分を飛ばす、水分がないからパリッと、サクサクするので黒焦げにならないように気をつけながら、じっくり待ちます。揚がったら、よけておきます。熱いうちに塩をまぶした方が塩が馴染んで美味しいです。

<3>揚げる
IMG_3867
IMG_3877

熱した油に、長芋を入れます。丁寧にひっくり返しながら、たぬき色になるまで焼いていきます。揚げ焼きです。もこみちなら、これは焼く、炒める、だと思いますが、一般的には揚げ焼き、揚げる、です。
で、上がったら、油を切って、塩をかけて、盛り付けて完成です。

IMG_3889

盛り付け時に胡椒を振っています。お好みで。
皮のチップが横にあるだけで、一気に居酒屋感が出ますね。学生の時によく行ってた居酒屋がこの皮のチップを付けてくれてて、嬉しかったんですよね。皮のチップは、人参とか他の野菜でもできるし、サラダにのせたり、色々と使い道があるので作って保存しておいてもいいですよ。

2015-10-10 | Posted in recipe

ライター紹介

伊藤 仁

料理研究家。料理好きのふとっちょ。よくしゃべる。声がでかい。
好きなお酒は不老泉(赤ラベル)。好きな食べ物は豚の角煮。


同ブログのおすすめ記事