酒とアート、飲むと観るでノミルです

長年の相棒

%e3%81%a4%e3%81%aa%e3%81%8d%e3%82%99

 

 

美大生時代から愛用しているつなぎ(作業着)がある。

もうかれこれ10年以上の付き合いになる。

 

あちこち絵の具で汚れて、洗濯しすぎで色褪せて薄紺色になった、なんとも愛おしいわたしの相棒である。

 

カワイイつなぎだと友達にも好評で、ふざけて落書きされたり(いじめじゃないよw)、長期休暇中に大学の工房に置きっぱなしにしていたら、ゴキブリ様の寝床にされていたりした。

汚らしい(よく言えば「味がある」)ので何度か買い換えようかとも思ったけど、同じデザインのものを探しても探しても見つからずに泣く泣く諦めたのだ。

 

このつなぎは10年以上前にhaco.という通販サイトで購入した『NUSYスペシャル!オンナノコつなぎ(ネイビー) 』というものだった。(商品名もうろ覚え。)

2005年くらいに発売されて、以前色違いで発売されていた人気のつなぎの復刻版だったようで、すぐ売り切れてしまったみたいだ。

 

つなぎってすごくダサいイメージがあるけど、このつなぎは『オンナノコつなぎ』と名のつくように、女性向きに作られた女性が着てかわいいと思える設計になっていた。

ゆるっと大きめのシルエットで着ると華奢に見える。

衿つきで胸に大きめのポケットがふたつ。前がファスナーではなくボタンで着脱式になっていて、それもとてもオシャレだった。

作業中、袖口が邪魔にならない「七分袖」っていうところもポイントが高かった。(つなぎで七分袖ってあまり無い)

とにかくすごくお気に入りだったのだ。

値段は5900円くらいだったかな。

このクオリティで、いま考えると安いなあって思うけど、貧乏学生だった私はすごく奮発して買ったという覚えがある。

 

10年以上着てるけど破れなし、ほつれなし。(汚いけど)

すごいなあ。

ああ、haco.さん・・・この『オンナノコつなぎ』また復刻してくれませんか〜〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016-11-28 | Posted in enikki

ライター紹介

濱野 裕理

絵描き。空想家。
Nomiru編集部の紅一点。
DIY(もの作り)好きのアラサー独女。女子らしく流行りのものはいちおうチェックするが、すぐ飽きる。笑顔と裏腹にたまに毒を吐く。最近、梯子酒の楽しさを覚えた。普段物静かだが、お酒を呑むと陽気になる。


同ブログのおすすめ記事