酒とアート、飲むと観るでノミルです

悪い夢

 

 

 

最近目覚めが良くないのは、目覚めの悪い夢をしばしばみるからだ。

夢の内容は数時間や長くても数日で忘れてしまうのだが、昨日の夢はまだよく覚えている。

夢って時々妙にリアルなんだよなぁ。

 

夢の内容↓

夢だから何か突拍子もないけど。

 


 

ひょんなことから実の兄に言いがかりをつけられる。

ぼそぼそ喋るから何を言っているのかはよくわからない。

聞き取れないけどおかしなことを言っているのだと感じる。

 

私と兄の目の前には2本の包丁が置いてある。

(その包丁は一本は錆びていて、もう一本は錆びてはいないがどちらも切れ味が悪い。いま実際に私の家にある包丁だ。)

 

私は「兄は気が狂っているから包丁で私を刺さしてくるだろう」と感じて

とっさに錆びていない方の包丁を持って兄の目の前から逃げ出した。

と同時に、兄はもう一本の余った包丁を持って追いかけてきた!

 

私が錆びていない方の包丁を選んだのは、単純に錆びてない包丁の方が殺傷能力が高そうで刺されたら絶対痛い。兄にこれで刺されたくないと思ったから。とにかく兄には怖くて絶対持たせたくはなかった。

 

私たちの近くには母もいて、椅子みたいなものに座ってくつろいでいる様子。

私が包丁を持った兄に追いかけられているのに、母はこちらのことを気にする様子もなく、何かどうでもいい雑談を私に話しかけてくる。

ただ母は兄には話しかけることがなかったので、なんとなく「兄より私の味方」なんだろうなと思った。

 

私が声を荒げて叫んでいも、包丁を振りかざして必死に抵抗しても

母は座ったまま、一度もこちらに振り向くことはなく、私と兄の顔を一度も見なかった。

無視というより無関心。

 


 

すごく気持ち夢だった。

 

 

気持ち悪い夢や印象に残った夢はなんだか気になって夢占いでたまに検索する。(夢の内容はすぐ忘れるからその場で寝ぼけながら検索する。)

他の占いはあまり信じないけど、夢占いは意外と当たる。

疲れていたり、ストレスが溜まっていたり、悩んでいたり、意外と思い当たることもあって強ちハズレでもない気がしている。

最近、大嫌いな自分の家族がよく夢に出てくるのは、家族のことで悩みが尽きないからなのかしら・・・。

 

 

二度寝したら今度は『個展の締め切りに間に合わず、搬入日に一枚も絵が完成していない』夢をみた。

 

 

 

悪夢二本立て。

悪夢の次くらいいい夢みさせてくれや。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018-03-27 | Posted in enikki

ライター紹介

濱野 裕理

絵描き。空想家。
Nomiru編集部の紅一点。
DIY(もの作り)好きのアラサー独女。女子らしく流行りのものはいちおうチェックするが、すぐ飽きる。笑顔と裏腹にたまに毒を吐く。最近、梯子酒の楽しさを覚えた。普段物静かだが、お酒を呑むと陽気になる。


同ブログのおすすめ記事