酒とアート、飲むと観るでノミルです

ボブカットとチョーカー

%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%95%e3%82%99%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%a8%e3%83%81%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc

 

 

髪型をボブにした。

そして明るかった髪色を黒髪に。

映画『レオン』のマチルダみたいだ。「髪型だけ」な。)

ボブヘアーには初挑戦。自分の中では大幅なイメチェンだ。

 

 

今までしたことがない髪型に挑戦するとき、ワクワクすると同時に自分には似合ってないのではないか。おかしいと思われてないかと不安になるが、見慣れたらきっと何とも思わなくなるんだろう。

それに、自分が思ってる以上に、他人はわたしのことなんて見てはいないのだ。

 

 

ショートボブにしてみて「いいなー」と思ったことは、首が長く細く華奢に見えるところ。(もちろん首の細さは以前とは変わりないのだが)

あ、あと輪郭が隠れるから小顔に見える。

これは嬉しい。

 

 

私の勝手なイメージだが、ショートボブにはチョーカーがお似合いだ。

『レオン』マチルダもこのスタイル。(マチルダは若い女性の間でファッションアイコンにもなっている。)

ナタリー・ポートマンが可愛いだけじゃない。

「ボブとチョーカー」という最強の組み合わせが、マチルダ人気をさらに加速させたに違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

2016-12-12 | Posted in enikki

ライター紹介

濱野 裕理

絵描き。空想家。
Nomiru編集部の紅一点。
DIY(もの作り)好きのアラサー独女。女子らしく流行りのものはいちおうチェックするが、すぐ飽きる。笑顔と裏腹にたまに毒を吐く。最近、梯子酒の楽しさを覚えた。普段物静かだが、お酒を呑むと陽気になる。


同ブログのおすすめ記事