酒とアート、飲むと観るでノミルです

ステーキの焼き加減

img_2680.jpg


女性にわいせつ後、逃走中に盗んだ生肉を落とす 69歳男再逮捕 滋賀・大津(産経新聞)
世の中、やれテロだとか環境問題とか消費税とか都知事だとか裏金だとか、気が滅入るニュースばかりでうんざりしてしまって、あぁ、Yahoo!ニュースのトピックスをクリックするのも鬱陶しいなぁ、とも思うこのごろですが、ときどき、ね。上に書いたような思わず手が勝手にクリックしてしまうようなニュースもあるわけですね。これはもう見出しの勝利という感じでしょうか。(何に勝ったのかよく分からないけど)

容疑者がどのような犯行に及んだのか、ということはリンク先をご参照いただきたい。もちろん、生肉を盗んだ直後になぜ女性にわいせつな行為を及ぼうとしたのか?閉店後のレストランに侵入できるということは常習犯なのか?彼が犯罪に手を染めたのはなぜなのか?彼の家庭環境は、経済環境は…いったいどうなっているんだ!この日本は!ということは、まぁ、おいおい警察が調べてくれるだろう。

それにしても、彼はなぜ生肉と一緒にフライドポテトも盗んだのか。
もし、生肉が牛肉で、Tボーンステーキ用の肉だとすると、アメリカのステーキハウスで出てくるような由緒正しいステーキをご自宅で作ろうとしていたのではないだろうか。ステーキの付け合せといえば、もちろんフライドポテト。そう、彼はすでに今晩のディナーを考えた上での決行だったと考えられる。

 

手記

肉だ。肉を食いたい。肉といえばハンバーグ?いや、いまの俺にはミンチにしたのでは肉を食ったとは言えない。では、すき焼き?いーや、あんな薄っぺらい肉の気分じゃない。こう、どかっとスケールがでかくいきたいわな。スケールがでかく?そうか、アメリカだ。本場アメリカ式のステーキだ。脂をひいた熱々の鉄板に分厚くでっかいTボーンステーキをのっける。置いた瞬間の肉が焼けるジュウっという音よ!焼き加減?もちろんミディアムレアだ。ミディアムもウェルダンもそれぞれの良さがあるけど、今日は肉の味をしっかりと楽しみたい。だからこそのレア、だ。おっと、付け合せを忘れる所だった。付け合せのないステーキなど、動物の食事と変わりがないではないか。人間は文化的な生き物であり、付け合せは人間のインテリジェンスがなせるものだ。考えてみたまえ、ライオンがガゼルを食べるときに付け合せを用意するかね?分かったろう?肉だけを食べる。そんな野蛮な行為をわたしはできない。なので、フライドポテトも盗むとしよう。マッシュポテトでもいいが、今晩のテーマはクラシカルなアメリカのステーキ。フライドポテトで決まりだ。素晴らしい。実に素晴らしい。
あとはパンかライスか。これは悩ましい。クラシカルなアメリカがテーマだからライスはちょっと、と思うと同時に、自分のなかの日本人が肉には飯だろう、と叫んでくる。いや、まてよ。ここは滋賀だぞ。滋賀といえば近江米じゃないか。地産地消だ。それに滋賀は野菜も豊富だ。ここまで来たら、近江牛にこだわりたい。盗みに行くレストランどうだっけなぁ。近江牛だっけなぁ。近江牛だったらいいなぁ。まぁ、こればっかしは仕方がない。近江牛じゃなくても諦めるとするか。あとはワイン。これはかかせない。アメリカのステーキだし、カリフォルニアのナパ・バレー産の赤ワイン・・・・これしか考えられないな。あ、そうそう。ちょうど、先日、鉄板付きテーブルを堅田のお好み焼き屋から盗んだところだ。草津の焼肉屋で盗んだ排煙ダクトもあることだしな。…いやぁ、これは本格的になったきたぞ。さてっと、ターゲットとなる店を調べてみるとするか・・・・。

 

 

当たり前だが、これはもちろん根拠のない想像である。盗んだ生肉がTボーンステーキ用の肉かどうかも定かではない。

2016-06-05 | Posted in hakariuri

ライター紹介

西出 元

Nomiru ディレクター、撮影、イラスト、会議中に腹が減ったと晩御飯へと促すことを主に担当。企画が進まない原因の一人。
ディズニーランドとUSJに行ったことがなく、それに対する憧れが高まっていき、ハードルが上がりすぎて逆に行けなくなっているが最近の悩み。
好きなお酒は辛口の冷酒。好きな肴は白子ポン酢。


同ブログのおすすめ記事