酒とアート、飲むと観るでノミルです

祇園祭 で購入した粽の返納にいきました

7月です。京都です。7月で京都といえばもちろん日本三大祭のひとつである 祇園祭 。
祇園祭のなかで特に目を引くのが山鉾(やまほこ)ですが、山鉾を観る上でかかせないのが粽(ちまき)です。

JPEGイメージ-DEBB13A6FFE1-11

これです。

ちまきといえば、おもちや団子のような食べ物を連想するかもしれませんが、祇園祭では厄除けやお守りとして使われます。その由来は八坂神社が祀っている神である牛頭天王の神話によるもの。
ある日牛頭天王が蘇民将来という男の家に宿泊することになり、そのもてなしのお礼として、蘇民将来の子孫まで護ることを約束します。その子孫であることの目印として茅の芽を巻いたをものを腰につけるように指示したのだとか。それが基となり、茅の芽をを巻いたもの=粽がお護りとなったのですね。大雑把に説明するとそういう感じです。

そして購入した粽は、家の扉の前か、玄関に祀るのが基本です。

JPEGイメージ-DEBB13A6FFE1-12

そしてこの粽ですが、八坂神社はもちろんのことですが、山鉾にはそれぞれ独自の粽が購入することができます。例えば、僕がもっている粽は鯉山の粽。

JPEGイメージ-DEBB13A6FFE1-10

鯉といえば、鯉の滝登り=登竜門ということで、出世のご利益があるとされています。このように山鉾によって、その御利益が違い、自分の目当ての粽を購入するというのも祇園祭の楽しみ方のひとつなのです。(なぜ、自分が鯉山の粽を買ったのかは覚えていませんが…)

そして、この粽。ご利益は基本的に1年。1年経ったら、同じ山鉾に返納し、新しいのが欲しかったらまた購入するというのが基本ルールなのです。

だがしかし、僕が購入した、この鯉山の粽。購入したのが3年前。もはや賞味期限どころか消費期限も切れまくりの粽なのです。

JPEGイメージ-DEBB13A6FFE1-12

つまり、3年のあいだ玄関の前でほったらかしてた。

それは、さすがにどうかと思う。

かといって、ゴミとして処分するのも、なんだか罰当たりな行為な気がする。

一体どうしたらいいのか。

調べてみたところ、祇園祭の開催中にそれぞれの山鉾がある場所か八坂神社で返納することができるとのこと。

そうと知れば、思い立ったが吉日。宵々山である7月14日なんか行ったら、人が多すぎて大変なので、少し早めに行ってみましたよ!

鯉山に!!

JPEGイメージ-DEBB13A6FFE1-7

来ました。

‥‥結論からいうと、山鉾ないっすね。真ん中に写っているのも、たぶん山鉾ではないと思います。

早すぎました。準備はされているみたいですが、山鉾はまだ建てられていないようでして、当然ながら粽の返納もまだ受け付けていないみたいでした。なんていうことだ。ちゃんと調べてからこれば良かった!!

(ちなみに、すでに建っている(というか建てている途中の)山鉾もありますよ)

JPEGイメージ-DEBB13A6FFE1-8

商売繁盛のご利益があるという菊水鉾。

ということで気を取り直して行ってきました!

そう!もうひとつの返納場所である八坂神社に!

JPEGイメージ-DEBB13A6FFE1-6

あいにくの雨でした。

ちなみに、鯉山があるのが四条烏丸ちかく。八坂神社までは徒歩15分ほど。案外遠いです。しかも、その日は雨。湿気も熱気も高く、汗でTシャツがへばりついて辛い。

JPEGイメージ-DEBB13A6FFE1-4

屋台は毎回見るが、開いているところを見たことがない八坂神社。

それにしてもさすが八坂神社。清水寺と並ぶ超観光スポット。雨だろうが、暑かろうがなんせ人が凄い。外国人も多いというか、日本人より外国人の割合のほうが断然多い。いたるところにセルフィを掲げて自撮りしまくりのカップルがいます。こっちも負けじと鯉山の粽を掲げてやろうかと思いましたが、意味がわからないのでやめておきました。

JPEGイメージ-DEBB13A6FFE1-3

八坂神社の粽も販売していますよ。

そして遂に!

JPEGイメージ-DEBB13A6FFE1-1

たどり着きましたよ!

JPEGイメージ-DEBB13A6FFE1-2

返納場所!改め、納札所!!

いやぁ、一瞬でした。あんなに一瞬だとは、思いも寄りませんでした。具体的にいえば、このお社の真ん中に開いている穴から、粽を入れるだけです。ただそれだけです。

実はね。なんかね。もっと、こう、神主さんや巫女さんがでてきて、こう、お互いにお辞儀なんかして、仰々しくちまきを差し出し、仰々しく受け取っていただくような、そんな儀式めいたこともあるのかな、とちょっとね。思ってたりもしてたのですが、そんなこと全然なかったですね。

大変失礼な話ではありますが、スーパーマーケットの店の前にあるペットボトルの回収のボックスにペットボトルを入れるくらい簡単でした。

ちなみに、遠方の方は近くの神社に返納するのも有りみたいです。

ということで、こんなに簡単であるならば、なんで早くやらなかったんだ案件レポートでした。

ちなみに祇園祭はお祭りとしてはすでに始まっていますが、屋台がなどがでて街中がお祭りムードになる宵々山と宵山は7月15日と16日。山鉾の巡行が17日(前祭)と24日(後祭)になります。


2016-07-12 | Posted in hakariuri

ライター紹介

西出 元

Nomiru ディレクター、撮影、イラスト、会議中に腹が減ったと晩御飯へと促すことを主に担当。企画が進まない原因の一人。
ディズニーランドとUSJに行ったことがなく、それに対する憧れが高まっていき、ハードルが上がりすぎて逆に行けなくなっているが最近の悩み。
好きなお酒は辛口の冷酒。好きな肴は白子ポン酢。


同ブログのおすすめ記事