酒とアート、飲むと観るでノミルです

背徳感のある食べ物としての 卵かけごはん

もはや随分と昔のように感じるのだけど、少し前に卵かけごはんブームというのがあった。卵かけごはんはその頭文字を取りTKGと呼ばれ、TKG専用の醤油が販売されたり、TKGをアレンジした料理本まで出版されていた。

 

それを滑稽と思う気持ちはない。世の中には常にブームとなる食べ物がある。ラーメンを筆頭とし、カレーや讃岐うどんブームだってあった。ジビエ料理なんてのも一部で流行りましたね。様々な料理が取り上げられて、その一瞬を卵かけごはんが持ち上げられた。ただそれだけのことだ。そして過ぎ去らない嵐がないように、そのムーブメントも当然のように一瞬で去っていった。何種類もあったTKG専用の醤油は世の中のスーパーマーケットからほとんど消え去った。コンビニにも並んでいたTKG料理本もいつしか見なくなった。世の中はそういうものである。

僕が好きだった超濃厚ドロドロ系ラーメンにはTKGがあった。TKGを頼むと、もちろん卵かけごはんが出てくるのだが、それにかける醤油が8種類くらい出てきて、好きなものが選べたのだった。TKGがメインのラーメン屋ではないが、いまではラーメン屋そのものが潰れてしまった。

 

しかし、それでも卵かけごはんそのものは消え去らない。
ブームであろうとなかろうと、卵かけごはんが好きな人はいつでも一定数存在する。好きな食べ物第1位が卵かけごはんという人だっているにちがいない。僕だって第1位ではないものの、卵かけごはんはいつだって上位に存在する。

 

しかし、僕はいつから卵かけごはんを好きになったのだろうか。子供のころから好きだった記憶がない。もちろん、嫌いという訳ではない。というよりも、卵かけごはんを食べる機会自体が少なかったのではないかと思う。
それはなぜか?考えられるのは、食生活として卵かけごはんが出る幕がなかったからではないか。つまり実家にいれば、ごはんにはちゃんとおかずがついてくる訳で、わざわざ卵かけごはんを食べる必要なんてなかったのだ。

 

しかし一人暮らしを始めると、ごはんにおかずがついてくるという状況が日常ではなくなる。冷蔵庫を開けると、調味料以外に冷ご飯と卵しかない、外食するにも金ないし、ていうかもう22時過ぎだし、もう卵かけごはんでいいや!なんて状況の頻度が増え、それが結果として卵かけごはんの日常化に繋がるのではないか。

夏目漱石の『坊っちゃん』の主人公もよく卵かけごはんを食べている(と思われる)描写がある。下宿先の食事が芋ばかりで辟易し、その度に机の引き出しから卵を数個取り出して食べている。ただ食事が不味いというだけで終わらさず、そこに卵かけごはんを食べることで凌ぐ。漱石流のユーモアがあるリアリティを感じられる描写で、僕自身、好きなシーンのひとつだ。


また、実家では卵かけごはんを禁止されていたという人もいる。
わたしの知り合いの話だが、実家で卵かけごはんを禁止されていた。そのため、卵かけごはんに対して憧れが強く、大学に入り一人暮らしを始めた時は昼休みにわざわざ家に帰って卵かけごはんを食べ「これが自由ってやつか!」といたく感動し、飽きるまで毎日繰り返していたという。

 

時として諦めから選択肢として存在し、時として禁じられた憧れの食べ物へとして存在する卵かけごはん。

 

だが、なによりも卵とごはん、そして醤油という限りなくシンプルな組み合わせでありながらも”おいしい”ということが、卵かけごはんが独特のポジションとして君臨する大きな理由であることに間違いはない。
また、ごはんという日本の主食、そして醤油という日本の味、さらに栄養満点の卵という組み合わせが、ある種の背徳感(料理もせずにズボラではないかという後ろめたさ。こんな夜中にご飯なんか食っていいのかという後ろめたさ、など)を乗り越え、さらにいえば、こんな姿、人様には見せられない!という背徳感(ひとりでこっそり、夜中に食べちゃって、太るだろうなぁ、体重にダイレクトにきちゃうだろうなぁ、ズルズル、ハグハグ、うんまー)さえも卵かけごはんがおいしくなる理由のひとつであろう。

 

そんな、卵かけごはんなので、色々なアレンジをしている人も多いことだろう。
僕のオススメは、冷ご飯に溶けるチーズをふりかけて、レンジで温めてチーズを溶かし、そこに卵を落として醤油をかけると、チーズの濃厚さが加わり、これはデブになるぞ!という背徳感もプラスされ、大変美味です。
あと、醤油の代わりに海苔の佃煮で味付けしてあげるのもなんかもいいですね。海苔の佃煮はケチってはいけない。汚い食べ方ですが、ある程度混ぜてあげると、なおよろしい。
先述したラーメン屋の卵かけごはんは、醤油をかけるのも有りだけど、残ったラーメンのスープをかけてあげる、なんてこともできる。それはもはや背徳感なんてものではない、罪である。罪と罰だ。おれは今、罪を犯し、罰を喰らっているんだ!という気になれます。全国のライスを置いているラーメン屋さんはぜひとも卵かけごはんのメニュー追加をご検討いただきたい。

 

2016-07-20 | Posted in hakariuri

ライター紹介

西出 元

Nomiru ディレクター、撮影、イラスト、会議中に腹が減ったと晩御飯へと促すことを主に担当。企画が進まない原因の一人。
ディズニーランドとUSJに行ったことがなく、それに対する憧れが高まっていき、ハードルが上がりすぎて逆に行けなくなっているが最近の悩み。
好きなお酒は辛口の冷酒。好きな肴は白子ポン酢。


同ブログのおすすめ記事