酒とアート、飲むと観るでノミルです

ノミル編集長、ひとたんの日記です。

20160309 プールに通い始めました

前回の更新から、随分時間が経ってしまった。
ひとたんを名乗り始めてから、ガンガン更新しようと思ってけれど、まあ、ね。
忙しいと更新しないっていうのは良くないと思います、先生。はい。

 

唐突ですが、プールに通うことにしました。

ヘルスピア京都という、京都南区の区役所横にある、公共施設をご存知でしょうか。
ジムとプールが併設された(一回1100円でどちらも使える。別々なら600円前後。)大変便利な施設。
そこの、ナイトプールパスという、火〜土の17時以降なら何回でも入れる定期を買いました。4100円。

 

本当は、ベンチャー起業の社長よろしく、ジムに行きたいのです。
だってね、プールで泳ぐっていうことは、この汚らしい腑抜けた体を世間様にさらす、本当に迷惑な行為で、恥ずかしいし、泳ぐのもそもそも嫌いなのです。さらにいうと、今回15年ぶりに泳いでびっくり。全く泳ぎ方がわかりません。息継ぎが出来なくなっていたのです。特に泳ぐのが得意だった記憶はないけれど、これほど苦手だった記憶もない、、、。

でも、仕方ない。というのも、前に書こうかと思ったけれど、この太った僕が運動することの大変さ、これはもう、、、。

ちなみに、今、体重は98キロあります。1年前から実は5キロ増えています。これは、暴飲暴食、運動せず、の結果で、全く持って酷い話。
で、前に書いたか忘れたけれど、友人に誘われてバスケを月一くらいでやっていたのですが、これが大変。月一回だと、ほぼ継続性なし、なので毎回初めてみたいなもの。もともと中学校でバスケ部だったので、バスケは好きで割と得意なのですが、それが余計に問題。イメージした通りに動こうとしてしまうので、今の98キロの体ではまったくむちゃくちゃ。オーバーヒート。約2時間の運動で、本当に死にそうになります。
さらに、このオーバーヒート、大問題なのはその後。まず、帰ってきた夜には熱が出ます。全身の関節がズタズタで体が熱いとか、筋肉痛がとか、そういう皆さんも想像できそうな症状はもちろんですが、普通に頭痛と発熱という、風邪そのものの諸症状が現るのです。そりゃあ、次の日なんて仕事になりません。本当に、文字通りのオーバーヒートで、大変なんです。
さらには、脛が痛くなる、ちょっと変わったやつもあります。シンスプリントという症状で、素人病なんて呼ばれる、脛の骨と筋肉の間の筋と膜が炎症を起こす、運動始めの素人さんがかかりやすいやつらしいです。これになると、運動するたびに、その後3日間ほど、痛い痛いと言いながら生活することになります。このシンスプリントが問題なのは、一度発症すると癖になるようで、軽いジョギングとかでもすぐに痛くなり、リタイヤを余儀なくされるのです。

と、長々と書きましたが、つまり僕はもう、地上で人並みの運動もできない体になってしまったということです。
これを受け入れるのは、つらい。もともと運動できる方だという自分に対する認識があるので、屈辱的。それも、ダイエットのためにジョギングするなんていう、可愛げのある行動すら自分の体に否定されてしまったのです。もう終わり。死ぬまでデブで人様に迷惑をかけ続けるしかない。

 

そんなわけで、僕に残された道はプールしかないのです。
週に3回!これをとりあえず一ヶ月続けるのだ。いや、二ヶ月。いやいや三ヶ月。ともかく一回一回を積み重ねるのです。プールでバシャバシャ、でもあんま泳げないし、プールウォーキング。じいさんばあさんの仲間入り。でも仕方ない。なんせ僕は地上ではまともな運動ができず、水中ではろくすっぽ泳げない、30歳を超えた、ただの太ったメガネのハゲかけのクズ。ひとたんなんて可愛い感じのニックネームを名乗る資格なし。デブたんとでも名乗れカス。
ああ、もうとにかく、プールで体重を多少落とし、筋力を取り戻し、なんとか、ジムでランできるベンチャー起業の社長を目指して、地道にやっていきます。

・・・あれ?ベンチャーの社長やったっけ、俺。

2016-03-09 | Posted in hitogoto

ライター紹介

伊藤 仁

料理研究家。料理好きのふとっちょ。よくしゃべる。声がでかい。
好きなお酒は不老泉(赤ラベル)。好きな食べ物は豚の角煮。


同ブログのおすすめ記事