酒とアート、飲むと観るでノミルです

ノミル編集長、ひとたんの日記です。

20160726 ポケモンGOGO!

ポケモン、いい感じでハマってます。
ポケモンを捕まえるためにめっちゃ歩くので、健康的です。
今レベル19で、捕まえたモンスターの種類は64種類。
これがどれくらいのランクにいるのか、知りたいような知りたくないような。

それにしても、そろそろ芸能界やメディアからのポケモンGO批判が強くなってきていますね。
まったくバカらしいです。
やくみつるは軽蔑するらしいですよ。

いやいや、あなたが大好きな相撲や野球やらのプロスポーツだって、そんなに高尚な趣味でもないですよ?相撲と野球しかなかった昭和初期の話ですかね?空想がキーになる遊びなのは一緒でしょう。ま、所詮エンタメですよ、所詮、ね。だからこそ面白いんですが。

ポケモンGOは、ゲームの中だけじゃなく、現実だけじゃなく、行き来したりしてその間を想像力で埋めたりする。そこのところの脳の快感が楽しいんじゃないですかね。子供たち、あるいは大人がワイワイ公園や神社でやってるのを見ても、コミュニケーションのツールとしても強度があると思います。いいじゃないですか。自分が小学校の頃、ゲームボーイ片手に友達と公園集まって、ポケモンやってたのを思い出します。

歩きスマホが危険とか。まあ、もちろんゼロではないでしょうけど、そんなもん他に危険なもんいくらでもあるわ、と。ゲーム自体はそんなに画面見続けるもんじゃないですし、立ち止まったり様子見ながら歩いたり、子供も含めて多くの人は器用に遊んでます。
外に歩きに出る人が増えて(これはいいことでしょう?)、事故やトラブルも増えるっていう、単純に母数が増えたということも加味すれば、そこまで「法で規制を!」みたいな話にはならないと思うんですが。
夜中の公園に人が集まりすぎて怖いとか。いやいや、人の少ない公園歩く方が危ないですよね。外に人が多くなった方が、むしろ犯罪は減ると思いますが、どうなんでしょうね。

いや、言いたいのはですね。面白いんですよ、ポケモンGO。楽しいし、まだまだゲームとしてもアップデートされて実装されるシステムもあるやろうし、経済的にもどんどん拡張できそうやし、みんなでこのポケモンGOというコンテンツを育てる空気を作れないでしょうかね。

さて、ちなみに僕の家にはロコンがたまに出るみたいです。また出ました。2回目です。散々歩き回って、コラッタとポッポを収集して、で帰ってきた途端ロコンが出るっていうやるせない感じ。ま、いいんですが。

IMG_1771

2016-07-26 | Posted in hitogoto, ポケモンGO倶楽部

ライター紹介

伊藤 仁

料理研究家。料理好きのふとっちょ。よくしゃべる。声がでかい。
好きなお酒は不老泉(赤ラベル)。好きな食べ物は豚の角煮。


同ブログのおすすめ記事