酒とアート、飲むと観るでノミルです

ノミル編集長、ひとたんの日記です。

20161019 ラーメン大好き 

img_1920

近所の花屋が閉店しました。
行きつけの花屋がある、オサレな人間を目指して、結構通ってたのですが、別れは突然です。
それから、前に紹介した喫茶店、七色カフェも潰れました。
まあ、潰れそうやったけど。
なんて悲しい。

さてさて、久しぶりにラーメンの投稿です。
もちろん、辛口です。個人の意見なので、ノミルの公式見解ではありません。悪いのは僕、ひとたんです。

ちょっと前ですが、京都駅の拉麺小路の白樺山荘に行ってまいりました。
7月にリニューアルされて入った新店二つ、ようやくクリアしました。
7月に新潟の東横に行って、今回は札幌の白樺山荘。

二つ新店舗入って、なんでどっちも味噌ラーメンやねん!センスないんか拉麺小路!
と思っていました。

で、味は、うーん、どうなんでしょうね。あんまり悪口書くのは良くないと思うんですけど、塩っぱくないですか?
最近の流行りっていうか、傾向もあるとは思うんですが、塩味が濃いです。

味噌の香りとか、麺のプリッと感とか。
まあ、それなりに美味しいのですが。
拉麺小路とか、新店舗とか、単品で900円近い値つけとか、上がりまくったハードルを上回る要素はありません。
すみれの方が美味しかったです。間違いなく。

最近とみに思うのですが、ラーメンって、600円台のラーメンと、800円台のラーメンを別に考えなくちゃな、と強く思うようになっています。
800円台で美味しいラーメンっていうのも、いっぱいあると思うんです。パッと思いつくだけでも、「拳ラーメン」とか「あいつのラーメンかたぐるま」とか「頑固麺」とか。この辺りはマジでうまいです。大好き。
その中で、この白樺山荘は、全然ダメです。札幌にある本店はきっと美味しいんでしょうね。本店の方、テコ入れしてください。

あ、600円台でいうと、近所にラーメン研究所という、美味しくも不味くもないラーメン屋があって、以前から悪口言いまくってたのですが、でも600円台だと思えば、文句ねえな、と思うようになりました。
店も変わりますが、人間も変わるもんです。

2016-10-19 | Posted in hitogoto

ライター紹介

伊藤 仁

料理研究家。料理好きのふとっちょ。よくしゃべる。声がでかい。
好きなお酒は不老泉(赤ラベル)。好きな食べ物は豚の角煮。


同ブログのおすすめ記事