酒とアート、飲むと観るでノミルです

ノミル編集長、ひとたんの日記です。

20161110 ノミルのこと

トランプになりましたね!一晩明けて、随分色々な情報が出てきています。
日本で暮らしていると、トランプなんてありえないでしょ、と思うのですが、米国で住んでいると違うんでしょうね。
得票率もほぼ五分で、女性も4割が票をいれたということなので、簡単な構図ではなさそうです。
何か日本で報道されていないことが大きくあるんだろうと想像するしかありません。

さて、明後日には人狼ナイトノミル村の3回目です!1、2回目と10〜13人くらいの参加をいただいていて、参加いただいた方には好評をいただいています。今回も、似たような人数になりそうですが、なんとかもう少し、15〜20人くらいにならないかと思っています。
合間の料理も喜んでもらっていて、そこで出す料理を中心に、いとうレシピの更新が再開する日は近いです。間違いない。

参加者が多いわけではないですが、人狼きっかけでノミルを読みに来てくれた方もいるかもしれないので、少しノミルについて書きます。あんま面白くないかもしれないですが、まあ、いいじゃないですか。そういう回も。

ノミルはお酒とアートのウェブマガジンです。
ノミルの元を正すと、「アーティストとかフリーランスの人とか、そういう人の飲み会での話って面白いよね、それをアーカイブするものを作ろうか」という事がスタートになって、お酒とアートのフリーペーパーを作ろうと考えたのがきっかけです。
で、結局、長く続く方法を、という事で紙媒体にするのは一旦やめ。
企画も、編集とか作業が負担になって早めに嫌になっちゃいそうだし、お礼も出せないし、あんまり数やらず、ゆっくりやっていこうということになり。
とはいえ、拡散するため、多くの人に読んでもらうためにはとにかくビュー数が必要でしょう、そのベースを作るんだということで、ノミルメンバーのブログ集という形に現在は落ち着いています。
年に数回のノミル会席の更新と各メンバーのブログがノミルです。まあ、そのほかの細かい企画は、実は現れては消えということをしているのですが、形にまではなっていないのが現状です。
で、一方で、ノミルメンバーで仕事を受注している部分があります。ウェブ制作やら写真撮影やら。そこのところはあんまり表立って言っていませんが、まあ、ほどほどにやっています。
で、最近人狼ナイトを月一でやることにしました。明後日ね、3回目。

これがノミルの今の状況です。
で、僕自身、スタート時よりも少し興味の先が変わっています。元々は「アート」が中心だったものが、「フリー」がキーになっています。
フリーランスとか、会社や何かに属さずに暮らしている人が案外身近にも居て、またそういう人たちのことを知る機会が世の中的に少ないように思っていて。身近な普通にサラリーマンとかをやっている人から、どういうことをしているの?とか何考えてるの?と聞かれることが年々増えて、そうか「フリー」というものにある程度、情報として価値があるのかもな、と思うようになっています。
ノミル会席で、まだ2回しかやれていませんが、1回目が「シェア」2回目が「独立」ということがテーマになったのは、すごくノミルを表している事だと思います。僕が賢くないところは、これを先に思ってたわけではないという事ですね。後から、そうかと。

それから、最近特に思うようになったこととして、僕たちは「真剣に遊んでいる」ということです。人狼ナイトをやったり、さんま祭りや山菜祭りなど飲み会を本気で考えたり、ちょっと労力のかけ方が普通とは違います。もしかしたら、絵を描いて展覧会をやることだって、真剣な遊びなのかもと思ったりもします。
こういうことって、皆さん、自分ではなかなかできないことだと思うのです。なので、ノミルを通じて、皆さんに参加してもらったり、観に来てもらったりする事で、少しでも共有というか、楽しんでもらえたらな、と考えています。

これから、ノミルは企画としては、ノミルのナカミという事で、ニシデハジメとひとたんに焦点を当てた企画を準備しています。
またノミル会席も3回目の企画準備を始めています。「発表する事」「オープンにする事」あたりがテーマになりそうな気がしています。

また気が向いた時にノミルを観に来てください。更新一週間してないやん!と突っ込まれないように気をつけます、、、

2016-11-10 | Posted in hitogoto

ライター紹介

伊藤 仁

料理研究家。料理好きのふとっちょ。よくしゃべる。声がでかい。
好きなお酒は不老泉(赤ラベル)。好きな食べ物は豚の角煮。


同ブログのおすすめ記事