酒とアート、飲むと観るでノミルです

ノミル編集長、ひとたんの日記です。

20161124 更新せな

この一週間ほどちょっと忙しくなって、途端に更新が減るという、ノミルは相変わらずのいい加減さで。
それでも見に来ていただいている方、本当にありがとうございます。

でも、ちょっと、更新するペースというか、ルールについて考えています。
多分、しっかりルール化するのは、キリよく年明けからにすると思うのですが、ちょっと話のネタに一旦書いてみようかと思います。メインのメンバーについて。

まず、ニシデハジメ。
彼の文章は、読み物として非常にクオリティが高いと僕は思っています。ノミルのウリの一つだと。ただ、毎日書いたり、いやそれどころか、週二で書いてもらっただけで随分クオリティが下がる気がします。やっぱ性格的に結構のんびりしてるんですよ。いやいや、というか、文章書く以外の仕事が彼は特に忙しくて、時間的に難しいんだと思うんですが。
なので、ニシデハジメは曜日を決めて、毎週(たぶん)水曜日更新!にすると思います。水曜のキット夜中に更新されるので、木曜の出勤時間にのぞいてもらえればニシデハジメのちょっとクスりと笑える小話が読めるはずです。

次にはまのん。この人は、結局「絵描き」なんだと思うんです。
僕らが望む「絵描き」像は、自由奔放で、想像力が豊かで、可愛くて(?)。というわけで、やはり自由に書いてもらえるのがいいんじゃないかと思います。ある時は4日連続更新、ある時は一週間まるっきり更新がなくて、読むこっち側がヤキモキするような。イラストが魅力的で、更新されてるとその日がちょっとハッピーになるような。いいなあ。

そして、僕、ひとたん。
お前はさ、正直、何がウリなのよ、と。自分ではよくわからないです。でも、いつも結構長い文章になりがちですが、そんなに長い文章は必要ないような気がします。もっと、言いたいことを一つ、ポンっと置いていくような感じの、短い文章。今日の文章で言うと今、ここぐらいの長さ!これを1日一回、毎日(と言っても、全然毎日書ける自信なし)ご挨拶のように更新する。それがいいと思うんです。例えばほぼ日の糸井重里さんのように!あれって、すごいですよね。毎日、読ませる文章を、続けられるって。毎日続けるって言う意味ではプロブロガーの人たち、みんな尊敬です。嫌われ者のイケダハヤトさんですら、僕は本気で尊敬してるんです。

と、こういう形を更新の基本ルールになれば、きっとみに来てもらえる人も少しずつ増えるんだと思うんですよね。
今日の文章は、むしろノミルのメンバーに向けて書いてる感じですね。
相変わらず誰得なノミルですが、どうぞよろしくです。

アイキャッチは缶つまシリーズの赤貝。味噌味がなかなかにオシャレ味で良かったです。

2016-11-24 | Posted in hitogoto

ライター紹介

伊藤 仁

料理研究家。料理好きのふとっちょ。よくしゃべる。声がでかい。
好きなお酒は不老泉(赤ラベル)。好きな食べ物は豚の角煮。


同ブログのおすすめ記事