酒とアート、飲むと観るでノミルです

ノミル編集長、ひとたんの日記です。

20161129 くせ

人狼ナイト ノミル村の開催報告をさせてもらいました。
ぜひ、みなさんご参加ください。きっと、面白いです。

さて、先のブログで、僕は毎日書くと、書いてしまいました。もちろん、書いた方がいいのはわかってるし、書けないこともないのだと思うんですが、全く書ける自信がありません。とはいえ、こう、書けないのは、文章が長すぎたり、テーマがちょっと頑張りすぎてたり、色々問題があるからなんだと思います。とりあえず、年内は毎日、という宣言はせずに、少しずつ、毎日書けるように、文章もアップデートしていきたいなと考えています。なんとか、年明けまでに、ペースを掴みたいです。

毎日書く上で、何が重要かと。ちょっと考えると。一つ思うのは、テーマを、身近な、些細なことにしていく必要があると思っています。いや、今までだって、ラーメン食ったとか、ちょっと体重減ったとか、人狼会したとか、全く大したこと書いてないんですが、気持ちの持ち方の話です。
もっと言うと、面白くなくてもいいじゃん!って言う感じ。いやいや、今までだって別に面白くねーよと、ツッコまれている気がしますが、だから、言ってるじゃないですが、気持ちの持ち方の話ですよ。
クセ、ですね。この、自分で自分にツッコむ感じ。そのせいで手が、気がちぢこまることって多い気がします。よくないです。

クセと言えば。
僕は舌打ちをする癖があります。
ニシデハジメはため息をする癖があります。
だから、二人だけで仕事をしていると、舌打ちとため息がしょっちゅう鳴り響く、かなり嫌な感じのノミルになります。
でも、僕の舌打ちも、ニシデハジメのため息も、別にネガティブな意味合いではないのです。イラついてるとか、しんどいとか、そう言う感じではなく。

端的に言うと、切り替えのリズムなんです。
例えば、僕が料理でフライパンを振ってるとします。炒め物。
その時に隣から、「あ、ティッシュ切れた!」と言われたとします。その時、知らず知らずのうちに、「ちっ」とやってから、「あ、ごめん、買っとくわー」と答えます。
その時の「ちっ」は、なにも「こっちは料理してんねん、ティッシュなんか自分で買ってきたらええねん。いや、そんなことでもめてる場合じゃないな、ここはあしたにでも買いに行くと言っておこうか」と、いう意味の「ちっ」ではなくて。そうではなくて!
単に、頭の中がほとんどフライパンの中のことに集中しているので、「あ、ティッシュね!ちょっと、フライパンのことは置いといて、、」というくらいの意味の「ちっ」なんです。本当です。
たぶんニシデさんのため息も、「さあ、やるか」くらいの意味なんだと思います。

という、まあ、他人には伝わらないだろうことで、人の気を不快にさせるのは良くないのはわかっています。なので、直そうと思ってないわけではないのです。だけど、なかなか直らないので、ちょっと言い訳を書いておこうかな、と思ったわけです。

あ、長くなってきましたので、この辺りで終わります。
難しいですね、適度な分量。

2016-11-29 | Posted in hitogoto

ライター紹介

伊藤 仁

料理研究家。料理好きのふとっちょ。よくしゃべる。声がでかい。
好きなお酒は不老泉(赤ラベル)。好きな食べ物は豚の角煮。


同ブログのおすすめ記事