酒とアート、飲むと観るでノミルです

ノミル編集長、ひとたんの日記です。

20170706明日は

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0

 

ノミル人狼のことを書かないようにしようと考えてから、すっかりブログ自体を書けなくなっていますが、
明日はノミル人狼の出張企画、「ノミル人狼@barカラフル」です。
ノミル人狼を拡げるため、またさらなるファン獲得のため、新しい人とゲームを楽しむため、というのが主な狙いです。
詳細はこっちにhttps://www.facebook.com/nomirujinroh/

ノミル人狼の出張企画ということですが、場所がゲームバーなんです。
このゲームバー、barカラフルが面白くて。
ゲームバーのイメージって、みなさん何かありますか?
僕の中では、三条あたりにあるゲームバー、クランツがイメージ通りのゲームバーなんです。
モニターが複数あって、本当にゲーム好きなおたくっぽい青年が寄り集まってガツガツとゲームしてる感じ。
ちょっと知らない人は入りにくい感じ。

でも、このカラフルは違うんです。
まず、メインのゲームがパチンコ&スロット。
チャラい。
で、メインの客層が、ちょっとチャラい感じのお兄さんと、ギャル。
ますますチャラい。
そして、マスターが元パチンコ屋の店員で、タトゥーがしっかり入った、チンピラ風のお兄さん。
うわあ。

で、これだけだと入りにくい!って思いそうですよね。
でも、全然大丈夫。このマスターが超気さく。で、他のお客さんも、席を譲り合ったり、テレビゲームを一緒にやったり、結構なフレンドリー感。
学生の頃、ファミレスやコンビニでバイトしていたりしていた時に友達だった人たちに近い感じ。なんか懐かしい。

なので、人狼好きな人と、このカラフルの客層は全くズレているんです。
マスターも、しっかり人狼に入ってきますw
ゲームバーなのに、オタクがいないという不思議なゲームバー。
そういう場所だからこそ起きる化学反応を楽しみに、ノミル人狼@カラフル、続けていこうと思います。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0
2017-07-06 | Posted in hitogoto, jinroh

ライター紹介

伊藤 仁

料理研究家。料理好きのふとっちょ。よくしゃべる。声がでかい。
好きなお酒は不老泉(赤ラベル)。好きな食べ物は豚の角煮。


同ブログのおすすめ記事