酒とアート、飲むと観るでノミルです

ノミル編集長、ひとたんの日記です。

20170823バドミントン、その後

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0

 

ヤクルトの真中監督が辞任することになりました。
本当に残念。
戦略とかよりも、選手はかなりのびのびやっていた気がしていて、個人的に好きだったのですが。
次の監督は高津と言われていますが、悪くはないけれど、古田の再登板を望んでしまう、ミーハー具合です。

バドミントンの試合からもう3週間経ちました。
試合について書こうと思ってはいましたが、終わってすぐは結構アツくなりがちなのでちょっと冷ましてから、と今書いている感じです。
しばらく経って、振り返ると、ほとんど二次会で飲みすぎた、大騒ぎした記憶しかありません。
何だか、体育会系のノリがあって、50前後の先輩とか、20代の後輩とか、いろいろな人がいたので、盛り上げるために気を使って、騒いで。
で、目上の方々に五月蝿いと注意される、という。マジで部活みたいな感じ。

とはいえ、試合のことを書きます。
試合自体は、2勝1敗。
上級者と組ませてもらって出た試合は勝って、初心者同士で組んで出た試合は、負け。
特に緊張するであろう1試合目で負けて、だんだん力が出せるようになって2,3試合目の方が徐々に納得できた。
負けた1試合目は、相手に上級者が混ざっていて軽く捻られて、後の二試合は相手も完全に初心者だったので、まあ、勝ったと。
はっきり、普通の結果でした。

その普通の結果分析と、物の言い方とか、まあ、もう5部(初心者クラス)で試合に出るのはいいです、もうちょい上のクラスを目指しますとか、言っちゃったので、生意気とか勘違いしているとか、二次会等々で散々言われましたが。
僕としては、単純な状況分析と、今後の目標を考える上で、半年後には4部。一年後は、勝てないかもしれないけど3部で出ろと言ってもらえるように頑張ります、というのは当然のことだと思うので、まあ、いいでしょう。
ただ、今回は色々初めて試合を経験させてもらえて、勉強になりました。よかった。

具体的に、今後のテーマを書いておくと。
・打てない種類のショットがいくつかあるので、それを習得(ハイバック、カット、スマッシュのレシーブなど)。
・体力、俊敏性不足(暑さに弱い)。
・(特にスマッシュ、ドロップ、プッシュなど)ショットの精度の向上。特に、強さコースなどの調節ができない点。力みすぎ。
・ダブルスの、フォーメーションの動きが遅い。一瞬頭で考える時間が必要で、遅れる。もっと感覚的に動けるように経験が必要。

バドミントンの試合については以上です。
ラケット買ったり、しなくちゃな、と。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0
2017-08-23 | Posted in hitogoto

ライター紹介

伊藤 仁

料理研究家。料理好きのふとっちょ。よくしゃべる。声がでかい。
好きなお酒は不老泉(赤ラベル)。好きな食べ物は豚の角煮。


同ブログのおすすめ記事