酒とアート、飲むと観るでノミルです

ノミル編集長、ひとたんの日記です。

20171026イカ2

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0

仕事がちょっと忙しいとブログがおろそかに。
いや、おろそかなのはいつもか。

と、今ハマっていることはもう、バドミントンとニンテンドースイッチのスプラトゥーン2です!
バドミントンのことはたまに書いてるので、今回はイカ2について。
ニシデさんもちょっと前に書いていましたが、二人して日夜イカになっています。

今の僕の実力は画像の感じです。
ランクの割に、ガチマッチのウデマエが低く、恥ずかしいです。
でも、どうしてもA+以上になれません。
かろうじて、ガチヤグラはAですが。ヤグラは得意。何せ得意。

ブキはホクサイ一本やりです。
ブラスターも練習中ですが、ホクサイで敵をペチペチと連打で倒すのが楽しすぎます。
そして、他のブキとホクサイは、エイムやインク量をほぼ気にせず、立ち回りに集中するという点で全く異なります。
なので、ホクサイに最適化された僕の指では、他のブキがなかなか上手く扱えません。
まあ、ホクサイでS+も目指せるらしいので、当分、ホクサイで行きます。

できれば、4人集まって、リーグマッチでバシバシ戦いたいのですが、4人っていうのが難しくて、なかなかできません。
ようやく、スイッチを無理やり買わせて、有効ユーザーが4人になったので、レベルアップ待ちです。
リーグマッチは、連携も含めて、相当実力がないと勝てないので、とにかく自分自身の実力を上げていくのみです。
20キルとか取れる、かっこいいイカになりたいです。

あ、イカ2の良さっていうのを僕なりに書いておきます。

スイッチの他のタイトル、結構揃ってきてますよね。ゼルダとかマリオとか他にも色々。またPS4でドラクエが出てたり、TVゲーム全体が、一見盛り上がってるように見えます。
でも、ちょっと思うんですが、昔の名前でやってるタイトル多すぎません?
しかも、ストーリーとかキャッチに「記憶を取り戻す」とか多いし、、、
CMも、山田孝之がギャーギャー言ってたり、どう見てもそのターゲットは30〜40歳だろうっていう感じも。
や、別にそれ自体を批判する気は無くて、もちろん僕は完全にそのターゲットにハマってて、そのおかげでスイッチを買ってるわけなので。

でも、やっぱりテレビゲームって、子供たちを夢中にさせなくちゃダメだと思います。
もちろん、ドラクエやゼルダを子供たちもやってるのは間違いないんですが、そもそもの狙いっていうか、コンセプトというか、その根幹の部分から子供を狙って欲しい。
その意味で、このスプラトゥーン2(Wii Uのイカ1も同じく)は素晴らしい。
まず色味とか音楽とか、まあまあ大人にはキツかったりします。可愛すぎて、派手すぎて。
かつ、ゲーム性は単純な入り口で、でも子供たちの手先の器用さが成せるゲームの上手さにも、しっかり対応できる奥深さ。
そして、ネット対戦を基本ルールに採用してるので、ネットにネイティブな人の方が素直に楽しめる仕様。
さらにはスマホのアプリでシェアが気軽にできたり、どう見ても、35オーバーはついて行くの必死。

僕は、スイッチのゼルダを100時間以上やって、随分スイッチに感動していました。懐かしさと新鮮さの一体感で。でも、一方でこれ以上は無いのかもって、思っていました。
ところが、このイカ2で、すっかり感覚を新たにさせらています。未来(というか現在?)。
この、新しい感覚を得れるっていうことを、なるべく多くの人と共有したい。

そんな感じで、イカ2最高なので、ぜひ皆さんやって欲しいです。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0
2017-10-26 | Posted in hitogoto

ライター紹介

伊藤 仁

料理研究家。料理好きのふとっちょ。よくしゃべる。声がでかい。
好きなお酒は不老泉(赤ラベル)。好きな食べ物は豚の角煮。


同ブログのおすすめ記事