酒とアート、飲むと観るでノミルです

ノミル編集長、ひとたんの日記です。

20180226 イカ2、再び



スプラトゥーン2、めっちゃやってます。
ようやく、S+になりました。もうランクが83なので、少し恥ずかしいですが。
イカ2には、レベル的な概念が2種類あって、ウデマエとランク。
ランクは、プレイ時間が長ければ長いほど伸びていって、ウデマエは勝率が関係しています。
なので、ランクではなく、ウデマエが実力に直結してる感じです。

自分は、大した実力じゃないですが、イカ1をやらずに、イカ2から始めた人という限定で言えば、まあそこそこ頑張ってるんじゃないかと思っています。
イカ1とイカ2、別にデータを引き継げるとかそういうことはないけれど。
このゲームは、人間のテクニック、プレイスキルに随分「馴れ」が必要なので、イカ1やってた人が強いみたいです。

イカ2。国内だけで、200万本突破したというニュースをみました。
アクティブユーザーがどれくらい居るのかわかりませんが、まあ、どれだけ少なくても半分はアクティブでしょう。
もうちょっと多いとして、60%。120万人がアクティブユーザーだとして。
ウデマエランク的には、S+(S+より上は、S+10とか+数字という形になる)が10%、Sが10%。A帯以下がそれ以外という話です(公式なインタビューで言ってたそうです)。
つまり、10~12万人程度の中に入ってる。まあ、すぐS+からは転落すると思うので、仮にSだとしても、20~24万人の中には入ってる、ということになりそうです。

イカ1は、国内で151万本売れたそうなので、そのうち2もやってる人がどれだけ居るか。
まあ、どんだけ少なくみても、10%は居るでしょう!いくら何でも。もっと多いかもしれないです。
10%だとして15万人。

あら、ということは、1やってた人と伍して戦えてるということじゃないですか。Sランク以上ということは。
単純な数字と想像ですけど、まあ、大きくは間違ってないでしょう。
ちょっと自慢したい気持ちになりました。

そういうわけで、ようやく初心者卒業です。
ゲームとはいえ、イカ2はスポーツっぽいところがあって、頭を使って、ひたすら練習すると確実に成果が出たり、やりがいがすごいあります。
初心者卒業したら、次は中級者への道です。

いろんな武器を使えるようになってみたり、下手な人とチームになってもフォローできたり、その辺りが出来るようになれば、中級者でしょう。
そうなれば、次は上級者。S+50がカンストですが、そこを目指していく上級者。

うーん、当分遊べそうです。

2018-02-26 | Posted in hitogoto

ライター紹介

伊藤 仁

料理研究家。料理好きのふとっちょ。よくしゃべる。声がでかい。
好きなお酒は不老泉(赤ラベル)。好きな食べ物は豚の角煮。


同ブログのおすすめ記事