酒とアート、飲むと観るでノミルです

【悲報】太眉ブーム終焉のお知らせ

%e7%9c%89%e6%af%9b

 

 

 

大好きなメイクの話題でもう一話。

 

 

男性でも女性でも、キリッとした濃くてハッキリとした眉毛の人が好きだ。

 

(単純に好みの問題だけど)意志の強そうな、凛々しい眉毛に憧れを抱いて、往年の女優やファッションアイコンのメイクを研究し、自分でもよく真似たりしていた。

 

なかでもわたしが大好きなのが、オードリー・ヘップバーンイーディ・セジウィックのふたり。

彼女たちにはメイクやファッションの面でかなりインスパイヤされている。

 

 


 

 

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%aa%e3%83%bc%ef%bc%94

永遠のニューズ「スクリーンの妖精」オードリー・ヘップバーン

%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3

60’sのファッションアイコンファクトリーガール」イーディ・セジウィック


 

 

日本でも数年前の『太眉ブーム』到来で、彼女たちのような、凛々しい眉毛(メイク)の女性たちが巷によく見られるようになった。

 

以前から「太眉推し」だったわたしは、心の中でガッツポーズ。

そして何より、自身の太眉メイクもやっと世間に認められたような気持ちになって嬉しかった。(ブーム以前、太眉を人にからかわれたことがあった。ブーム後は一度もない。・・・流行に流されやすい日本人め。笑 このやろう。)

 

 

が、しかし

女性のメイクにもトレンドがあって、近年は『細眉』が再ブームとなりつつある。

ああ、なんと悲しき『太眉ブーム』終焉のお知らせ。

 

 

ブームが去ってもわたしは『太眉』を貫くつもりだけど

ほんとは流行なんて関係なく、太眉でも細眉でもその人自身に似合っていれば(その人らしさを捨てないで好きにやってれば)それでいいんじゃない?と思う。

 

 

流行りに乗ってないからって理由で、からかわれたりバカにされたりはウンザリだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016-12-10 | Posted in enikki

ライター紹介

濱野 裕理

絵描き。空想家。
Nomiru編集部の紅一点。
DIY(もの作り)好きのアラサー独女。女子らしく流行りのものはいちおうチェックするが、すぐ飽きる。笑顔と裏腹にたまに毒を吐く。最近、梯子酒の楽しさを覚えた。普段物静かだが、お酒を呑むと陽気になる。


同ブログのおすすめ記事