酒とアート、飲むと観るでノミルです

作品を買うこと

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0

 

 

 

 

私は自分の作品が売れると、必ず誰かの作品を買うことにしている。

アートが好きだからという理由もあるし、単純にいいなと思った作品は欲しくなるのだ。

「アートはわからない」と難しく考える人もいるけど

自分の洋服や靴やアクセサリーを選ぶときのように

一目惚れで「これ好き!」と思えるような感覚でいいと思う。

 

そして買った作品は必ず家の目にとまるところに飾る。

お気に入りのアートに囲まれて生活すると

毎日が少しだけ贅沢な気持ちになり、心が上向きになる。

2万円で洋服一枚買うなら、私は迷わず絵を買いたい。

私が最近買ったのは、工藤千紘さんの絵画。

もう、これが超いいんです♡

掛け時計の横に飾っているから毎日眺めてる。

 

 

アートって素敵なものですね🎶

 

 

 

 

ちょいとごちゃごちゃしてますが、ウチの家にある作品(一部)です。

ここのは雑貨を飾るみたいに棚に置いたりして飾っています。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

 

 

 

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0
2017-10-17 | Posted in enikki

ライター紹介

濱野 裕理

絵描き。空想家。
Nomiru編集部の紅一点。
DIY(もの作り)好きのアラサー独女。女子らしく流行りのものはいちおうチェックするが、すぐ飽きる。笑顔と裏腹にたまに毒を吐く。最近、梯子酒の楽しさを覚えた。普段物静かだが、お酒を呑むと陽気になる。


同ブログのおすすめ記事