酒とアート、飲むと観るでノミルです

年内最後の展示は京都で!

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0

 

 

年越しまではまだ一月とちょっとありますが、今年のこの一年は私の美術作家人生の中で一番充実した年だったと言っても過言ではありません。

年明けからずっとコンスタントに展示の機会をいただけて、たくさん制作にも打ち込めたし

年に一回を目標にしている個展だけでなく、東美アートフェアや京都文化博物館での展示など

初めての経験もたくさんさせていただきました。

いま秋までの展覧会ラッシュも過ぎて、今年はもうこれで展示納めかなと寂しく思っていたのですが、

グループ展にお誘い頂いて、12月に京都で作品発表できることになりました!

嬉しくていまやる気に燃えています。

展覧会の詳細はまたお知らせしますね。

 

 

それが終わったら、来年の個展に向けてももうそろそろ動き出さねばなりません。

ゆっくりしてる暇などないなと焦りつつ、

忙しいけどがむしゃらに制作する自分がなんだかんだいって好きなんだなぁ、と気がつきました。

予定が詰まってた方が落ち着く、と言うか暇になるのがひたすら怖いのです。

 

忙しさを理由に今年やりたかったけどできなかったことも実はたくさんあります。

来年こそはチャレンジできるように、自分を甘やかさないように頑張ります。

 

 

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0
2017-11-20 | Posted in enikki

ライター紹介

濱野 裕理

絵描き。空想家。
Nomiru編集部の紅一点。
DIY(もの作り)好きのアラサー独女。女子らしく流行りのものはいちおうチェックするが、すぐ飽きる。笑顔と裏腹にたまに毒を吐く。最近、梯子酒の楽しさを覚えた。普段物静かだが、お酒を呑むと陽気になる。


同ブログのおすすめ記事