酒とアート、飲むと観るでノミルです

草間かぼちゃが京都に!

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0

 

 

先日、『フォーエバー現代美術館コレクション 草間彌生 My Soul Forever展』に行ってきました。

 

このイベントは、秋田県で10年以上活動してきた「フォーエバー現代美術館」がこの冬、京都に移転・オープンするのに先駆け、プレオープン的なイベントとして、京都祇園で10月まで開催されます。

 

会場に着くと草間彌生の「かぼちゃ」がお出迎え。

 

 

地元京都で、草間彌生のコレクション展を観るのは初めてで、ワクワクドキドキ・・・。

しかも会場が、一般的な美術館の建物とはちょっと違って、都をどりの会場として知られる「祇園甲部歌舞練場」の敷地内にある大正2年建築の有形文化財「八坂倶楽部」という建物。

この建物がまた素敵で、木造2階建、入母屋造・瓦葺の大屋根を架けた風情ある佇まいなのです。

展示室は畳の部屋なので、入り口で靴を脱いでゆったりと鑑賞。なんとも落ち着きます。

縁側から庭園を眺めながらゆっくりくつろげるスペースもあり、座禅を組んだりする人もいました。最高に居心地がよかったです。

 

立派な庭園。池には鯉も!

 

広大な舞台座敷の二階の展示室は広さがなんと132畳だそうです。笑

 

舞台空間と草間作品とのコラボ。

 

 

約80点の草間彌生作品プラス、この建物や、立派なお庭なども楽しめて、

入場料1200円の価値は十分ありました。

 

今回は食べていませんが、一階ミュージアムショップ横のカフェでは、草間彌生監修のスイーツも楽しめるそうです。

今はプレオープン期間中ということで、あまり世間に知られていないのか、土曜日に訪問したにもかかわらず混雑はなく、結構ゆったり作品鑑賞できました。

今いくべき穴場スポットだと思います。

(きっとオープン後は混むんだろうなぁ〜・・・)

また行ってみたいと思ったし、今度は草間スイーツも絶対食べたいです!

 

 

 

 

 



 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0
2017-08-07 | Posted in enikki

ライター紹介

濱野 裕理

絵描き。空想家。
Nomiru編集部の紅一点。
DIY(もの作り)好きのアラサー独女。女子らしく流行りのものはいちおうチェックするが、すぐ飽きる。笑顔と裏腹にたまに毒を吐く。最近、梯子酒の楽しさを覚えた。普段物静かだが、お酒を呑むと陽気になる。


同ブログのおすすめ記事