酒とアート、飲むと観るでノミルです

この世で一番自分に似合わない色

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0

 

 

「好きな色」と「自分に似合う色」は全く別物だ。

 

皆さん誰にしも、自分に似合う色、似合わない色はきっとあることでしょう。

そしてたとえそれが自分の「好きな色」でも、自分に劇的に似合わなかったりして凹むこともある。

 

私の場合、オレンジ色がまさにそれだ。

洋服もメイクも髪色でもなんでも、オレンジカラーを纏うとどうもパッとしない。

パッとしないどころか、それはもう明らかに自分に似合っていなくて泣けてくる。

 

昔、ギャルメイクに憧れて、当時流行だったオレンジチークを試したことがあるが、

なんだかすごく似合わない。そして心なしか顔色も冴えなく見える。

オレンジメイクもオレンジの洋服も、好きな色だから幾度となく試してみたけれど、

結果的に全部ダメだった。

そして現在、オレンジ色は私のクローゼットとメイクボックスから一切排除されている。

 

 

しかしなぜこんなにオレンジ色が似合わないのだろう?

その謎は、『パーソナルカラー診断』※ ですぐ解けた。

(※パーソナルカラーとは、その人の生まれ持った色(肌・髪・瞳・頬・唇など)と雰囲気が調和した色(=似合う色)のこと。人それぞれ個性が違うように、似合う色もそれぞれ違い、似合う色を見つける診断のことを「パーソナルカラー診断」と呼ぶ。)

 

パーソナルカラー診断をやっとことがある方はもうすでにご存知でしょうが、似合う色のタイプによって「春」「夏」「秋」「冬」の全部で4つのカラータイプに分類される。

 

出典元:www.fukazawa-yoko.com

パーソナルカラーは今はインターネットでも簡単に自分で診断できる。

自己診断の結果、私は「冬」寄りの人だった。

こうして「冬」の人に似合うカラーパレットを見ると、確かに自分にしっくりくる色も多い。

なるほどなるほど・・・。

 

出典www.art.zaq.jp

そしてこちらが「冬」の人に似合わないとされている色。

出典allabout.co.jp

ああ、やっぱりだ。

オレンジ色が2色も入ってやがる。

やっぱり「似合わない」は気のせいではなかったみたいだ。

 

 

 

 

まだパーソナルカラー診断をやったことがない人は是非やってみてください。

意外な発見があって楽しいですよ。

Personal color/パーソナル・カラー診断

 

 

私はネットの自己診断でしかやったことがないけど

機会があれば一度プロの方に見ていただきたいなと思っている。

自分を魅力的に見せれる、意外で新たな色に出会えるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0
2017-04-03 | Posted in enikki

ライター紹介

濱野 裕理

絵描き。空想家。
Nomiru編集部の紅一点。
DIY(もの作り)好きのアラサー独女。女子らしく流行りのものはいちおうチェックするが、すぐ飽きる。笑顔と裏腹にたまに毒を吐く。最近、梯子酒の楽しさを覚えた。普段物静かだが、お酒を呑むと陽気になる。


同ブログのおすすめ記事