酒とアート、飲むと観るでノミルです

日本の謙遜という文化

 

 

剛力

 

 

 

 

本当に、ほんとうに、ほんとうに烏滸がましいことだと、自分でも思っているのだが

私はよく「剛◯彩芽に似てるね。」と言われる。

・・・剛◯彩芽ファンごめん(土下座)!

 

初対面の人には毎回ほぼ必ず言われてきて、もう実はいい加減ちょっと飽き飽きしている。

 

もちろん、自分では似てると思わない(たぶん髪型が似てるだけだ)から

「似てないですよ〜(笑)」って否定するのだけれど。

そうすると似てる・似てないの押し問答がはじまるから余計に面倒だ。

 

だから最近は開き直って否定しないことにした。

 

満面の作り笑顔で

「 あらそう? ありがとう〜〜 ( ´ ▽ ` ) 」って。

 

するとどうだろう?

今度はこんなことを言うやつが現れたのだ。

 

「 ・・・否定しないところがスゴイわよね。 」

 

 

・・・いや、なんやねん!

「似てる」って言ったんそっちやん!!

ほんまどないやねん。

 

・・・あ!それともアレか?!

 

「 日本人なら一回くらい謙遜しとけよ 」

って?そういう意味なの?

・・・面倒くせえなぁ、その文化!!!

この会話、一体どう返すのがスッキリ正解を導きだせるのだろう?

誰か!正解があるなら私に模範解答を教えてくれ。

 

 

 

 

 

 

2016-07-27 | Posted in enikki

ライター紹介

濱野 裕理

絵描き。空想家。
Nomiru編集部の紅一点。
DIY(もの作り)好きのアラサー独女。女子らしく流行りのものはいちおうチェックするが、すぐ飽きる。笑顔と裏腹にたまに毒を吐く。最近、梯子酒の楽しさを覚えた。普段物静かだが、お酒を呑むと陽気になる。


同ブログのおすすめ記事