酒とアート、飲むと観るでノミルです

スランプ

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0

 

 

 

最近訳あってえにっきを全く更新していませんでした。

全然絵が描けなかったからです。

描く気分になれなくて、落ち込んで、どうしようもない状況にモヤモヤして、

描かなきゃいけない、という焦りと緊張に支配されます。

「絵を描けない日が続くとすごく不安になる。」

「絵を描いていない自分が嫌いだ。」

「描けない自分はとてつもなくダメな人間でゴミ屑のようだ。」

だいたい制作が不調だと、こんな感じで超ネガティブ思考が止まりません。

これは私の悪い癖というか、

多分この性分は一生治らないのだろうと思います。

早くこの状況を打破したいところです。

 

今日はめずらしく1日まるまるの休日でした。

そして少しだけですが、キャンバスに対うことができました。

全然筆が進まず、白いキャンバス前でずっとぼーっとしているだけの時間の方が長かったですが、

それでも少しの前進です。

 

 

こういうスランプを乗り越えられたときに

なにか今の自分にしっくりくるというか

いいなと思える作品が生まれることも多いのです。

今がまさに踏ん張り時です。

 

 

 

 

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0
2017-04-17 | Posted in enikki

ライター紹介

濱野 裕理

絵描き。空想家。
Nomiru編集部の紅一点。
DIY(もの作り)好きのアラサー独女。女子らしく流行りのものはいちおうチェックするが、すぐ飽きる。笑顔と裏腹にたまに毒を吐く。最近、梯子酒の楽しさを覚えた。普段物静かだが、お酒を呑むと陽気になる。


同ブログのおすすめ記事