酒とアート、飲むと観るでノミルです

魅惑のタンシチュー

 

 

タンシチュー

 

 

 

 

Nomiru編集部は飲み会が好きだ。

 

季節の食材を使って春には山菜、秋には秋刀魚祭りを企画したりしている。

(私は手伝うわけでもなく、主に飲み食い担当。)

 

 

つい先週はNomiru編集長こと、ひとたんの大誕生祭を催した。

誕生祭とは名ばかりで、ひとたんのお誕生日を祝う会というか、飲みたい大人たちが集まるただの口実だったようにも思うが。

自分の誕生会なのに、料理はひとたん担当。

 

 

もうご存知の方も多いと思うが、ひとたんは料理がとっても上手だ。

いや、上手っていうレベルを超えている・・・。

毎回プロ顔負けのクオリティーだ。

この日の料理も凄かった!!

 

 

menu

 

 

 

全部美味しかったけど、一番驚いたのは、メインのタンシチュー。

 

タンシチューを家で一から作るなんて普通の人はやらないね。

寸胴鍋いっぱいに仕込まれたタンシチュー(約20人前)。

タンもとろけるような柔らかさでびっくり!!(食いしん坊・はまのはもちろんおかわりした。)

 

 

 

タンシチューは作らないけど、料理はひとたんに教えてもらおうと心に決めた。

(みんなは、いとうレシピを参考にしてね!)

花嫁修業はこれでバッチリだ。

 

 

 

 

 

 

 

2016-06-20 | Posted in enikki

ライター紹介

濱野 裕理

絵描き。空想家。
Nomiru編集部の紅一点。
DIY(もの作り)好きのアラサー独女。女子らしく流行りのものはいちおうチェックするが、すぐ飽きる。笑顔と裏腹にたまに毒を吐く。最近、梯子酒の楽しさを覚えた。普段物静かだが、お酒を呑むと陽気になる。


同ブログのおすすめ記事